住宅会社違い
こんにちは。いつもブログをお読みいただきありがとうございます。実は毎月100名前後の方がこのブログをご覧になっています。決して知名度がある会社ではないのでありがたい限りです。この場を借りてお礼を申し上げます。そうした経緯も踏まえて、プレリードという会社がどんな会社なのか?なぜこのブログをやっているのか?ということについて本題に入る前に、簡単に説明します。


プレリードという会社は住宅会社でもなければ、建築会社でもありません。ご相談にいらっしゃったお客様の夢を叶えるためのお家やお庭の企画・プロデュースを行っている会社です。ご相談内容は、お家やお庭のコンセプト作りはもちろん、土地選び、住宅会社の選定ポイント、資金計画づくり、住宅展示場の使い方、トラブルを防ぐための知恵など多岐にわたり、ご相談者さまの状況によってだいぶ違いがあるため、「〇〇のサービスを展開しています」と分かりやすくお伝えするのが難しいのが正直なところです。


なので、その代わりと言ってはなんですが、サービスを提供するプレリードがどんな思いでお客様にサービスを提供しているのか?どんな人となりで専門知識を持っている会社なのか?を伝えることをしっかりやっていきたいと思っています。その1つの手段がこの社長ブログというわけでして。なので、プレリードとはどんな会社で一体何者なんだ?と感じた方はぜひこの社長ブログを読んでみてください。これからもどうぞよろしくお願いします。


さて、本題へ。今日お伝えしたいことはシンプルです。「土地選びで迷ったら地盤を調べてみたら?」という話です。例えば、これからあなたが秋田で土地を選ぶときどういう基準で選んでいきますか?土地の値段、買い物や通勤・通学の便利さ、病院の有り無し、地名にまつわるイメージで選ぶ人が多いのではないでしょうか?ただ、意外とどんぐりの背比べになってしまうケースが少なくありません。そこでオススメしたいのが地盤という基準。お家の建物はリフォームが建て替えで取り換えることができますが、土地はそこに住み続ける限り取替がききません。土地とはつまり地盤でもあります。地盤の調査というと専門の会社に高額なお金を払って頼むイメージがありますが、最近はウェブで簡単に診断できるようになりました。


今日オススメしたいのは、防災科学研究所が提供している「地震ハザードステーション」です。元のデータは2021年3月に政府の地震調査委員会が発表した「全国地震振動予測地図」。このツールを活用すると今後30年以内に強い地震に見舞われる地域を見分けることができます。試しに秋田市を調べてみたところ、地域によって相当バラツキがあることがわかります。


例)秋田市の地震予測データ

https://www.j-shis.bosai.go.jp/map/?center=140.1570039,39.70044220&zoom=12&flt=0,0,0,0&transparent=0.2&layer=P-Y2020-MAP-AVR-TTL_MTTL-T30_I55_PD2&epoch=Y2020&ls=0&lang=jp

地震は忘れたころにやってくると言われています。安心して暮らせる住まいを形にするには地盤にもぜひ目を向けてください。お読みいただきありがとうございました。

 

おすすめニュース)

京大防災研教授が解説! 大地震で揺れにくい「ポツンと安全地帯」が最新調査でわかった【地名19カ所つき】(SmartFLASH) – Yahoo!ニュース