こんにちは。梅雨のじめじめした天気が続くと思いきや、真夏のような1日もありますね。子供のころに比べるとずいぶんと天気が変わりやすくなった気がします。体調に気を付けてがんばりましょう。

さて、今回のテーマは住宅の「保証内容」。読むだけで老後の暮らしがちょっとラクになるかもしれません。

お家づくりをスタートしようと決めたら、いろんなことが気になるはず。デザイン、性能、断熱、耐震性、土地、営業マンなどなど。どちらかというと、今、目に見えるものを気にする人が多い気がします。家を建てた後のことを気にする人、自分や家族が年を取ったときのことをイメージする人は少数です。ただ、専門家からすると、ぜひ後者の視点を大切にしてほしいのです。

住宅メーカーさん、営業マンさんもあまり家を建てた後の「保証」「有料メンテナンス有無」「無料点検期間」については詳しくお話ししない場合が多く見受けられます。いろいろな理由が考えられますが、一番の理由は「お客様ウケがあまりよくない話だから」 なぜ、ウケが良くないかというと、どうしても発生するコストの話に最終的にはなってしまうからです。

夢だった一戸建てを建てるタイミングで営業マンからこんな話があったとします。「実は弊社の家の外壁は10年ごとに塗り直しが必要です。なので、そのために10年で100万円程度の費用はためておいてください」いかがでしょうか? 大半のお客様がちょっと引き気味になるはずです(笑)

ただ、劣化しない住宅を作っているメーカーはこの世にはまだありません。どんなに新築時はピカピカでも外壁、屋根、水回り、構造部分などは必ず10年も経てば劣化します。新築を建てたばかりの時はイメージしずらいし、新築が劣化するなんて想像したくないことかもしれません。

でも、ぜひ建てる前のことではなく、建てた後の「保証内容」にも意識するようにしましょう。ポイントはシンプルです。

 

<保証内容を確認するポイント>

①法定10年後の保証内容の確認

②保証の際の条件に有料メンテナンスがあるかの確認

③無料点検はどのタイミングであるかの確認

 

以上の3点を意識するようにしてください。また、家を建てる前にメーカーさんに聞くようにしてください。特に大事なのは①、②です。どんなメーカーで家を建てても、基礎、土台、床、柱、屋根などの基本構造部分と屋根、外壁からの雨漏りに対する防水性の部分については「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」10年間の保証が義務付けられています。(参考:住宅の品質確保の促進等に関する法律とは?住宅の品質確保の促進等に関する法律とは|不動産用語を調べる【アットホーム】 (athome.co.jp)

ということで、肝心なのは法定10年の保証が終わった後。具体的には20年目、30年目はどうなるか?という話です。何度も繰り返しますが住宅は必ず劣化します。劣化を放置するというのも選択もできますが、限界があります。部位によって異なりますが、住宅のリフォームは決して安い値段でできるものでもありません。住まいのメンテナンスには想像以上にお金がかかってしまうのです(参考:住まいのメンテナンススケジュール – 住宅産業協議会 (hia-net.gr.jp))政治も経済も不安定なこのご時世、退職金を少しでも残しておきたいご家族も多いと思いますので、ぜひ住宅メーカーはどこまで保証してくれるのか?という視点を持つようにしてください。

ちなみに、10年以上の保証を独自で設けているメーカーは少数です。そして、たいていの場合は”有料メンテナンスを実施すれば20年、30年保証します”という内容になっています。完璧な保証を設けている住宅メーカーはありませんが、手厚い保証をしている住宅メーカーはあります。ぜひそうした「保証内容」にも興味を持つようにしてください。

お読みいただきありがとうございました。

 

追記)⇩ご興味ある方はご覧ください⇩

【2020年最新比較】ハウスメーカー 無料でどこまで保証・メンテナンスしてくれるの?│くらラボ (kura-labo.com)